東京MTGの状態表記

grading pic.jpg

コレクターグッズを取り扱う業界では、品物の価値の決め手となる状態を表記します。「excellent」「good」「fine」などの状態を表す決まった評価基準があります。コレクターズカードの業界では、これらの評価基準はプロ野球カードのシステムから引き継がれてきました。これらの評価基準は、状態を細かく気にするユーザーにとっては参考になる一方で、新しく始めたプレイヤーにとっては煩雑すぎて分かりづらいという問題がありました。結局のところ、このような状態表記のシステムは歴史的にコレクターグッズのために作られたものであって、マジックのカードはコレクションのためだけに作られたわけではありません。

こういった背景もあり、東京MTGではシステムをシンプルにしたいと考えています。大多数のプレイヤーにとって、カードはプレイできる状態であることが最も重要だと思います。長年にわたりプレイヤーの皆さんと関わってきましたが、スリーブに入れてプレイできる状態である限り、特に気にしないという方が多いです。以上のことから東京MTGは、状態の評価基準を簡素化することに決めました。一目見てカードの状態が良いか、そうでないかというシンプルな区別だけにします。


通常の状態のカード

東京MTGのオンラインストアでは、言語の下に価格が書かれており、これが通常の状態のカードの価格となります。通常というのは、カードに大きな問題がなく、スリーブに入れた使用では問題がないという状態です。枠やカードの裏面に目立たない傷があったり、一目見ただけではわからない小さな傷が表面にあったりします。他のカードと比べても遜色なく、スリーブに入れての使用に問題がないという状態です。


プレイドのカード

状態が「プレイド」のカードが時折ありますが、これは通常のカードより明らかに状態が悪いものです。言語の隣に「プレイド」と書かれているものは、状態に関して問題があります。しかし重要な点は、「プレイド」のカードであっても、スリーブに入れてトーナメントでも使用可能だということです。東京MTGでは、競技マジックで使用できないほど傷んだカードはオンラインで販売しておりません。

「プレイド」のカードは、一目でダメージがあるとわかるレベルです。大小はあれど、ひっかき傷やへこみ、折れ、水濡れ、汚れ、インクなど、様々なダメージが含まれます。しかし、これらは何のカードか認識できないほどひどいものではありません。例えば、枠の一部を塗ったものはこれに当てはまりますが、リバイズド白枠のカードの枠を塗って黒枠カードにしたようなものは当てはまらず、オンラインで売られることもありません。

「プレイド」のカードはその性質から、売り値・買い値ともに通常のカードとは異なります。基本的には、「プレイド」のカードは通常のカードよりも約20%ほどお安くしております。もし、あまりカードの状態を気にされない場合は、「プレイド」がお買い得です!