マジックフェスト・バルセロナ

Yukos GP Adventures GP Barcelona.jpg

マジックフェスト・バルセロナは、7月25日~28日に開催されました。バルセロナと聞いて、皆さんは何を想像しますか? サグラダファミリアやサッカーチーム、パエリアやタパスなど、人によって様々だと思います。「バルセロナに行ったら、美味しいワインや生ハムとともにスペイン料理を楽しむんだ…」と考える人も多いかもしれないですが、この場所をスペインと呼んでいいかどうかは微妙なところです。

バルセロナは現在、スペインのカタルーニャ州に属していますが、2010年代以降スペインからの独立を目指す政治運動が盛んに起こっています。独立に賛成派と反対派が両方いますが、バルセロナの街中では、アスタラーダというカタルーニャ州の独立を支持する非公式旗を掲げている家が結構目につきました。

アスタラーダの旗

アスタラーダの旗

また、この地域にはカタルーニャ語(カタラン)というスペイン語(カステジャーノ)と似て非なる言語が存在していて、レストランのメニューや看板ではカタルーニャ語だけ書いてあるところもあります。バルセロナの人々は、カタルーニャ語を大切にしており、スペイン語ではなくカタルーニャ語で話しかけると喜ばれます。それを知っていたので、マジックフェスト・バルセロナでは買取表にカタルーニャ語で「全てのカードを買い取ります!」と書いておいたのです。すると、地元の人らしきお客さんが「これいいね!」とカタルーニャ語を指しながら声をかけてくれました。些細なことですが、現地の言葉や文化を尊重することはやはり大切です。

バルセロナの日常風景

ガウディ建築で有名なグエル公園

ガウディ建築で有名なグエル公園

バルセロナを観光的観点から見ると、まぶしい太陽にゆったりした時間の流れ、ガウディ建築のサグラダファミリアやグエル公園などを想像しがちですが、今回は地元の人々の暮らしにスポットライトを当てたいと思います。

街中でまず目についたのは、キックスクーターの多さです。日本でも子供の間でキックボードが流行っていますが、バルセロナでは大人が移動手段として電動キックスクーターを多用していました。自転車専用道路を、電動キックスクーターで颯爽と駆け抜ける人々 ―― 渋滞もなく排気ガスも出ないこの乗り物は、使い勝手が良いうえにエコでもあります。日本でも自転車専用道路がもっと整備されれば、電動キックスクーターが活躍できる日も遠くないかもしれません。

キックスクーターで移動する人

キックスクーターで移動する人

「シエスタ」という言葉を知っていますか? スペインに根付いている長い昼休憩の習慣で、遅めの昼食をしっかりととった後に、午睡をしたりゆっくり過ごしたりします。私は、この文化を知っていたので「シエスタの習慣はいいな~ゆっくり昼寝ができるし、働く時間も短そう!」と勝手に思っていたのですが、現状はちょっと変わってきているようでした。以前は午後に商店や企業の多くが休業時間となっていましたが、EU統合によって、他の国々の習慣にあわせてシエスタの慣習を廃止する動きがあるそうです。2006年には、スペインの公務員についてはシエスタ制度が廃止となりました。私が宿泊していたホテルから見えたオフィスビルも、夜10時を過ぎても明かりがついたままで、多くの人が残業をしているようでした。「働く時間が短くて楽そう」などという、勝手な思い込みは良くないですね。

遅くまで明かりがともるオフィスビル (7月のバルセロナでの日没は9時頃。写真は10時頃に撮影したもの)

遅くまで明かりがともるオフィスビル
(7月のバルセロナでの日没は9時頃。写真は10時頃に撮影したもの)

そういえば、泊まったホテルには日本では見慣れないものがありました。トイレの便器の横に、もう一つ便器のようなものが…。今までも旅先で何度か目にしたことはありましたが、毎回「何に使うんだろう」と思っていたので、今回いろいろと調べてみました。すると、この便器のような形のものは「ビデ」(フランス語で子馬)と呼ばれることが分かりました。日本でもウォシュレットのような洗浄便座に「ビデ」という機能がありますが、少し意味や用途が異なるようです。この便器のような「ビデ」は。17世紀にフランスで作られたのが始まりで、その後南欧に広まり、イタリア・スペイン・ポルトガルでは1975年にビデの設置が義務付けられるまでになりました。それほどまでに生活必需品の「ビデ」は、様々な用途で使われているようです。男女ともに下半身の局部の洗浄に使う場合が多いようですが、人によっては帰宅後に汚れた足を洗ったり、はたまた赤ちゃんの沐浴用に使うなんて人も中にはいるそうです。日本だと「洗面器」のような立ち位置かもしれません。皆さんも旅先で見かけた時には、間違ってもそちらに用を足さないようにしてくださいね!

トイレの横に設置されたビデ

トイレの横に設置されたビデ

4日間続いたマジックフェスト・バルセロナ

会場のフィラ・バルセロナ・グラン・ビア

会場のフィラ・バルセロナ・グラン・ビア

今年の会場は、サグラダファミリアなどがある中心地から地下鉄で30分ほど離れた郊外にあるコンベンションセンターでした。マジックフェスト・バルセロナは、ミシック・チャンピオンシップとの同時開催ということもあって、4日間のイベントとなりました。多くの人が来場し、良い場所とは言えない東京MTGのブースにも、たくさんの方々が足を運んでくださいました! 実は日本語のパックはヨーロッパでとても人気で、今回もタルキール覇王譚やモダンホライゾンのパックやボックスが飛ぶように売れました。海外MagicFestでは日本のMagicFestのように「くじ」はありませんが、お客さんたちはパックを開けることを「くじ」のように楽しんでいて、4日連続パックを買いに来てくれた人もいたほどでした。場所やスタイルは変われど、何が出るかわからないワクワク感は、世界共通のようです。

マジックフェスト・バルセロナ会場内

マジックフェスト・バルセロナ会場内